冬こそ大事、首とうでの乾燥ケア

春夏の汗を良くかきやすい時期はあまりきにならないのですが、秋冬の徐々に新陳代謝が下がっていく季節・・・きになりませんか?顔色や手などの色合い、そしてくすみやカサつき。
こうした症状が気になる前に、毎日しっかりとお手入れしておくことがたいせつです。
今回は、秋から冬に向けてとくに大事な、首とうでの乾燥ケアについてご紹介します。

【寝る前ケア】
やはり新陳代謝が下がる季節だけに、夜の半身浴や入浴は必須。どうしても難しければフットバスだけでも毎日頑張ってみましょう。
お湯から上がったらすぐによく水分を拭き取って、ハンドクリームや刷り込みタイプのビタミンやミントの入ったクリームを刷り込みます。またセラミドや尿素などの入ったクリームなどもおススメです。
普通の化粧品などのほか、医薬部外品、医薬品にもこのケアに使える製品はたくさんあります。
(よく知られているところでは、ユースキン、ウレパール、メンターム、ニベア、ケラチナミン、アトリックス、ジョンソン、ベビーオイルなどがあります)
こうしたものを良く刷り込んだら、肘までの薄手の綿手袋や、ふくらはぎ丈のゆるめの綿靴下などを履いてあさまで眠ります。
このとき、水分をすぐにふき取って、1-2分以内、すぐに油分のあるクリームを全体に素早くなじませることがポイントです。

【お出かけ前ケア】
朝はしっかりこれらのゾーンを洗い流すか、顔以外はそのままでもOK。
その後、クリームをまた夜よりは少量塗りこんでお出かけします。首や手首、手など、空気に触れがちなところには、すこししっかり塗っておくことがおススメです。
またクリームを塗る前に、化粧水などをふきつけて馴染ませておくのもおススメします。

このほかにもたとえばお仕事やお昼過ぎなどには、パンストの上から化粧水やミネラルウォーターのスプレーなどを追加するだけでもかなり感想が防げます。
乾いた冷たい、あるいは外気との温度変化の激しい環境にさらされて、刺激の多い皮膚。
しわやくすみにならないように、いつもしっかりとクリームや潤い分で、防御したいものです。

冬こそ大事、首とうでの乾燥ケア

自己処理派にオススメ脱毛器

私は、エステで脱毛体験が無いのです。
脱毛に関しては、自己処理派です。ただエステには憧れていました。
しかし、エステに行けるのは、若い子だけ・・という観念があり、時期を逃がしてしまいました。
カミソリを使うと肌が弱いのか荒れてしまいます。ワックスや、脱毛クリームなども、すぐに生えてしまうような気がしてやりません。
私は、若いときから行っているのが、脱毛器です。パナソニックから出ている「ソイエ」のワキまで使用できるものを使用していました。
当時は、まだ、お風呂で使えるものがなかったのと、充電式ではなかったので、部屋でコードをつけたまま脱毛する・・という感じでした。
はっきり言って、お風呂で使えないタイプは、毛が抜かれる瞬間、痛みがありました。特に腕やスネなどの脱毛は、泣けるくらい引っ張られるような痛みでした。
ワキに関してはまだ、我慢できる痛みでした。
しかし水を使わない分壊れるまで数年間持ち、長持ちしました。
そして、次に購入したのが、この「ソイエ」のコードレス充電式のお風呂で使えるタイプです。これは、お風呂のなかで石鹸の泡などで皮膚を保護するような形で抜いていきます。あの以前使っていた痛みはまったくありません。
とてもスルスルと使用できます。そして泡のおかげか・・抜き残りも少なく使用後がかなりすべすべです。
だいたい私は2日〜3日に1度の頻度で使用します。
しかし、数か月ほど使用していると、だんだんパワーが落ちてくるのが難点です。
きっと水に濡れた充電の差し込み口が原因ではないかと思うのですが、充電してもほとんど力が無くなり、ついにはまた買い換えました。
水分をしっかり取ってから充電したら、もしかしたらもっと長持ちするかもしれません。私は数年は残念ながら持ちませんでした。
それだけが不満ですが、自己処理派の方にはおススメです。

自己処理派にオススメ脱毛器

肌の弱い人向けの抑毛ローション

肌の弱い人向けの抑毛ローション

脱毛サロンにしても、毛をそるにしても肌が弱い人にとってはどれも肌を大きく傷つけやすいもので、
どれもなかなか手を出しにくくて困っているという人もいるんじゃないでしょうか?
そんな方が色々な脱毛方法を試すことを諦めてしまわないものとして、実はいいものがあります。
それは抑毛ローションです。
この抑毛ローションの大きな特徴としては、大豆といった豆類に多く含まれている「イソフラボン」が配合されているのが特徴です。
このイソフラボンについてはご存知の通り、女性ホルモンに似たような形もしていることから、働きについても女性ホルモンと同じような働きをしてくれるということで、
男性ホルモンの成長を抑えて、毛の成長が遅くなって、毛を細く抜けやすいものに変化させてくれることです。
また、イソフラボンについては、除毛クリームや脱毛石鹸といったような毛をとかすために利用する強い成分ではありませんので、
肌にもやさしいい成分でありますから、肌が弱い方でも安心して使えるすぐれたものです。
もちろん完全に脱毛をするものではありませんので、脱毛には向きませんし効果も通常の方だと数か月利用しないと出にくいという欠点はありますが、
今よりも毛を薄くする程度でもよくて、なおかつ肌が弱くて、毛の処理などがうまくできないという方にとっては
抑毛ローションというのは大変優れた製品であることは間違いないと思います。
ただ、やはり脱毛はプロの手に任せるのが一番です。
信頼できる脱毛サロンを探して、しっかりとしたアドバイスをもとに、正しい脱毛を行うことが、長い目をみて、効率的と言えます。
もしも姫路エリアで脱毛をしたいとお考えの方は、下記のサイトが大変役立ちますので参考にして見てください。
姫路の脱毛サロンランキングサイトはこちら

横浜の脱毛豆知識〜レーザー脱毛は高いだけ〜

横浜においても医療機関で扱われている機械はサロンと違った機械を使っているケースがほとんどで、サロンはフラッシュ脱毛と言われている光照射によりムダ毛を減らす方法をとってますが、医療現場はレーザー脱毛と呼ばれる方法で毛の根元の毛乳頭を破壊します。

その為永久的に毛が生えない作用が与えられて、長期にわたった効果を得たければクリニックがいいでしょう。
医療脱毛の中心になっているレーザー脱毛ですが、厚生労働省から認められたもののみ扱っています。
そして、毛のメラニンだけに反応し、肌を守って染みを作ることがなく、単純にムダ毛処理という以外に、肌ケアもできるのがメリットです。横浜脱毛をお考えならこちらのサイトが参考になると思います。レーザー脱毛についても詳しく書かれています。

そしてサロンみたいにジェルをつかった照射をするケースはなく、冬でも体を冷やさず処理できるのが有利です。
つかってる機械が違うことにより効果が出るまでの期間が違い、フラッシュ脱毛は効果が出るまで8回ぐらいかかったりしますが、レーザーは照射1回で代替毛の密度8割まで減るといわれています。

そして効果が早く出て冬でも寒くない環境でおこなえるということで、いい条件がととのってますが、デメリットが、エステより高いこと。

数万〜数十万解い鷹っく設定です。レーザー脱毛は機械の種類が複数あって、波長の違いがあって、一番弱いもので有名なのはルビーレーザーです。
そして横浜でも同様にロングパルスレーザーはメンズ専用クリニックで使われるケースが多いです。

レーザー脱毛は高いだけ